自己処理について

ムダ毛の自己処理はこんな危険性があります

自己処理の方法の利点とは、いずれも気軽に安く簡単にできることです。
しかし、自己処理を繰り返し行うことで、毛がどんどん太くなっていき、肌もみせられなくなることや、また皮膚を傷つけたり、炎症を起こしたりする危険性があります。

毛抜き

毛根から脱毛するので表面上はきれいに脱毛されたように見えます。
しかし皮膚内にしっかり収まっている毛を毛穴より大きい毛根まで含めて強引に引き抜くため、肌への負担は相当大きいのでいろいろなトラブルの原因になります。
まず毛組織は大きなダメージに対抗するために毛根を強くし、たくましい毛が成長してきます。
また1つの毛穴から2本生えてきたりと、鳥肌状にもなります。
さらに強引に引き抜くため毛穴が広がり雑菌が入り炎症を起こす危険性があります。

カミソリ

一度で多くの範囲を短時間で処理することができるので一番手軽な方法です。
しかし毛穴の出口のところでカミソリで切断しているだけなので、毛がすぐに伸びてきます。
また毛と一緒に皮膚も削り取るため、角質層まで剥がれてカミソリ負けや炎症を引き起こし、肌の黒ずみや色素沈着の原因になります。また肌の負担が大きく肌を守ろうとしてたくましい毛に成長していきます。
特にバスルームで処理する場合は要注意!雑菌も多いため、炎症が起こりやすく、毛嚢炎を引き起こす場合があります。

脱毛クリーム

毛の成分であるタンパク質を溶かす成分が配合されており、皮膚の成分もタンパク質なのでお肌まで溶かしてしまいますのでお肌への負担は大きく、かぶれやアレルギーをおこす原因になります。

脱色剤

体毛を脱色すると、皮膚の色と近くなり毛が目立たなくなりますが、伸びてくると脱色した部分と黒い部分がまだらになってしまいます。
また刺激が強いので、敏感肌の人などはかぶれや炎症を起こす危険性があります。

ワックス

毛と一緒に肌の角質もはがされ肌に大きなダメージをあたえ赤く腫れたりかぶれてしまうこともあります。
また毛が途中で切れて皮膚の中に埋もれたり、鳥肌状にもなってしまいます。